スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「水に感謝を」。


最近気に入ってライブで良くやっているオリジナル曲があります。

「地球の踊り子」っていう曲なんですけどね、多分作って3年くらいになります。

で、この曲の中に
「水に感謝を」
というフレーズがあります。

何気なく綴った一言なんですけど、
自分でも意図してなかった意味が込められていたようです。


今ね、写真の本を読んでたんだけど、
(著・江本勝 「結晶物語」)
水って言葉とか音楽に反応するんですって!

例えば、「ありがとう」とか「きれいだね」って語りかけると綺麗な結晶ができるんだけど、
「ばか」とか「殺す」とか言ってみたり、攻撃的なヘビメタなんかを聴かせると、
たちまち結晶が崩れちゃうんですって。

この本ではその辺のことを、様々な実験を通してわかりやすく解説してるんだけど、
じゃあ私は何が言いたいのかと言うと…

水がこうして色々な外部刺激に反応するなら、
体のほとんどが水でできてる私達はどうよ?ってとこなんです。

発する言葉ひとつ、
言葉にしないまでも抱いてしまう感情、
そういう目に見えないもので、いったい私達はどれほどの影響を周りに与えてるんでしょうね。

ましてや私みたいに人前に出て歌を歌っている人間って、もの凄い責任が伴うんじゃないでしょうか?

その辺は自覚してるつもりでしたけど、なんかこんな風に科学的に証明されちゃうと、余計考えざるを得ません。

でも私がやろうとしていることは間違ってなかった!という自信にも繋がりました。

私が歌を通して発信している愛や祈りが、1人でも多くの人の胸に届いて、
世界がちょっとでも明るく平和になればいいなって、
バカみたいに本気で思っています。


まだまだ札幌でも無名のシンガーですけど、
水に感謝しつつ、世界を見つめています。



って大袈裟ね~ 笑


でもこの本読んでたら色んなことが繋がって、書かずにはいられなくなっちゃった。


時々大それたことを言うけど、私はいつだって本気



スポンサーサイト
[2010/09/09 13:34 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。