スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
声。

今日の仕事中、大好きな常連様と音楽の話で大いに盛り上がりました♪

なんでもこちらのお客様、歌を聴く時はまず歌い手の声を聴くんですって。

メロディーや歌詞も大事だけど、
その人の声が心に響いてくるか否かの方がもっと大事なんですって。

声の中に、その人の経験や想いの全てが含まれてるから、
声を聴けば大体わかってしまうそうなんです。
(もっとわかりやすくて素敵なお話だったのに、うまく言葉にできない自分がもどかしい…)

こういう感性で音楽を聴いている人もちゃんといるんだぁ!
と、いちシンガーとしてすごく嬉しくなりました

私も同じようなことを感じながら歌ってきた部分があったので、
すごく共感してしまいました

しかもありがたいことに、
「柴田さんはちゃんとそういう声を持ってる!」
とお墨付きまで…


このタイミングでこのお話が聴けたこと、
本当に奇跡かも。

今じゃなかったら、これほどまでに私の胸に響いてこなかったかもしれない。

つくづく私は支えられている。


そんなお話をしていたら、ひとつ思い出したことがある。

私の声そのものに何か不思議な力が宿ってるんじゃないかな?って、
ある日ふと思ったことがある。

「何をどう歌う」ということよりも、「この声」で歌うことに意味があるんだろうな、って。

漠然と思ったんですよね。

以来、そんなことすっかり忘れてたんだけど、また思い出した。

きっと何かで証明できることではないけど、
私がそう思うということはきっとそうなんだろうな。(極論ですけど)


楽しい会話で盛り上がる反面、
私の中の何かがどこかに繋がったひとときでした。


このままどこまで還れるかな。




なんかすっごい複雑な文章になっちゃった 笑

言いたいことはシンプルなんだけどね。



スポンサーサイト
[2010/10/06 21:35 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。