スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「地球の踊り子」について。

昨日AYAさんとお話していたら、
この曲を作った当初のことを色々と思い出しました。

遡ること2、3年前の話です。

私がようやくソロシンガーとして動き始め、
いづみさんをはじめとする、プロミュージシャンの方に演奏して頂くようになった時のこと。

当時はそういった方達から受ける刺激がとても大きく、
驚いたり、感動したりの連続でした。

中でも、当時の私に大きなショックを与えたのが、
この曲で笛を吹いて下さってる扇柳トールさん。

扇柳さんの笛を初めて聴いた日というのは、興奮して一晩眠れない程でした 笑
その晩に涌き出るように生まれてきたのが「地球の踊り子」という曲なのです。

扇柳さんの笛の音から、
現代人が忘れてしまった古い魂のようなものを感じました。

この曲の中にもそういう何かが宿っているように感じます。

今でこそ色々な音楽が氾濫している世の中ですが、
古の音楽は、祈りそのものだったのではないでしょうか。

雨の為に祈り、食糧の豊作を祝い、
自然と人が、共にあることを歓ぶこと。

この曲はそういった在り方を静かに問いかけているのだと思います。

少しだけ、心の耳を澄ましてみてください。






AYAさんブログ
a’の部屋

扇柳さんブログ
おいしい音楽




スポンサーサイト
[2011/02/03 22:12 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。